夏だっ!

コンニチハ。
店番のShinhaです。

表題をアッパーな感じに書いてみましたが、構えなくて結構です。
普段と同じように淡々とアイテムの紹介をさせていただきます。

梅雨の晴れ間に夏を感じる今日この頃なので、夏に向けたアイテムたちをこれからしばらく少しずつご紹介することにしました。


さっそく本日はGWに開催した『twopeace *kids&mama* 1st collection exhibition』の際に大々的に販売しておりました、“twopeace×MARCHEN SHOP”のアイテムと、先日の“Heg.@Shop izumi”のアイテムのいくつかを一点一点詳しくご紹介します。

画像は、クッリクすると拡大するのでお試しください。


yem-037 “twopeace×MARCHEN SHOP” reversibleT-Shirts 
price:6,090yen (tax-in) SOLD OUT
size:肩幅約53cm 身幅約54cm 着丈約63cm
■このTシャツはミリタリーのボディで表側のプリントは背中にワームホールをモチーフにした“SOS”プリント、裏側は胸側にメルヘンショップのロゴ、背中側にaira氏のつくるアイラパンのプリント。しっかりした織のボディに加えられた歳月により、古着でしか味わえないクタクタ感が存分に現れています。
a0171370_17171864.jpg

a0171370_1717397.jpg









yem-037 “twopeace×MARCHEN SHOP” reversibleT-Shirts 
price:5,250yen (tax-in)
size:肩幅約42cm 身幅約46cm 着丈約68cm
■1970'sのヘインズのビーフィーシリーズ、オレンジチビタグのリンガーTシャツです。表側はそのままソフトボールリーグのプリントので、いかにもスポーティな雰囲気、裏側にオリジナルプリントを刷っているため、表からもカラフルなレインボーが透けて見えるところが特徴です。両面どちらで着てもそれぞれの表情を楽しんでいただけます。
a0171370_17181882.jpg

a0171370_17183447.jpg











yem-037 “twopeace×MARCHEN SHOP” Officer Shirts
price:8,400yen (tax-in)
size:肩幅約50cm 身幅約48cm 着丈約73cm
■ボディはConquerorの1950's Officer Shirtsです。レーヨン素材のしっかりとしたチノ生地で、フラップやエポーレットなどのディテールも良く男らしくタイトに着こなすことがおすすめです。バックにオリジナルプリントを施し、固いイメージが解れています。自身でワッペンやバッジを付け、オリジナルの雰囲気を出してみてもいいのではと思います。
a0171370_17185427.jpg











yem-038 “Heg.@Shop izumi” KENJI T-Shirts
price:5,000yen (tax-in) SOLD OUT
size:2
■言わずと知れた東北は花巻の作家、宮沢賢治氏のシルエットをモチーフにしたプリントです。これは、先日の “Heg@Shop izumi”の際にyoucan山さんがプリントしたもので、全てプリントの位置や配色が異なっております。これは一遍には紹介できませんので、徐々にブログに掲載します。数に限りがありますので、気になる方は店頭でご覧下さい。
a0171370_17191547.jpg


すべて一点限りのアイテムになります。
また、yem-037にはすべてオリジナルバッチがついています。

そして、本日より期間限定ですがメールオーダーでご注文いただいた場合、送料無料でアイテムをお届けします。
※普段は1万円以上のお買い上げで無料 
※代引手数料は除く

購入のご希望やお問い合わせの商品がある場合には、「izumi888@twopeace.com」へ送信ください。

1896年(明治29年)8月27日 宮沢賢治は現在の岩手県は花巻に生まれました。
実は同年の6月15日に「明治三陸地震 三陸地震津波」という東北地方に甚大な被害をもたらした津波が起こっています。そして、彼は1933年(昭和8年)9月21日に37歳という若さで急性肺炎で亡くなられていますが、不思議なことに同年度の3月3日に「昭和三陸地震」という、これもまた甚大な被害をもたらした地震がありました。

このことに必然性を感じるということではありませんが、そうした大災害の合間に誕生した岩手の作家は、土地を愛し家族を愛し宇宙や星や地球を題材とした多くの作品を残し、それが現代の子供たちから大人までもが詠み知るものとなっております。
そして、全ての作品に目を通せてはいませんが、それでも小学校から何作品は詠み、温かい何かを受け取ったことは間違いありません。
今この瞬間にこうして詠んだ詩を思い出しながら、脇目もふれず前を向いて進んでいく科学とそれに縋る人間の執着を裏腹に、本当の至福をもたらしているのはどういうことなのかを改めて考えさせられます。

この度の地震の後に、日の丸や日本列島などをモチーフに、様々なキャッチフレーズを掲げては国内はもとより国外までもが日本の震災復興へ向けて一丸となっているような格好があります。

その輪郭をなぞるほどの大局観は持ち合わせておりませんが、ぼく自身は宮沢賢治の抱くような素直で純真な目の前にある感覚を育むことでも力になるのではと思うことがあります。

それぞれの想いがあるところで、長く書きすぎて失礼しました。

雨の日、風の日、晴れの日と不安定な毎日が続いておりますが、皆様のご来店お問い合わせをお待ちしております。


izumi
TEL&FAX:03-6312-7459
Mail:izumi888@twopeace.com
[PR]
by youcanizumi | 2011-06-08 21:53 | Item


"izumi"の日常の中の、ごくごく日常的なお便り。


by youcanizumi

プロフィールを見る
画像一覧

about “ izumi”

■Tel&Fax
03-6312-7459

■Mail
izumi888@twopeace.com

■Address
〒153-0051 
東京都目黒区上目黒1-13-5

■Open Hours
・Monday → Saturday 
 13:10〜19:00
・Sunday
 12:02〜19:02

■closed
毎週 火曜と木曜 年末年始

通販について

■External links
twopeace Web
flock of words
Phish Web
PARCO CITY

カテゴリ

全体
店舗案内と通販について
News
Releace
Event
Item
未分類

以前の記事

2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...

最新の記事

営業のお知らせ
at 2012-05-13 08:28
営業のお知らせ
at 2012-05-10 22:17
臨時休業のお知らせ
at 2012-05-06 01:39

ブログパーツ

マニキュアの語源
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧